デュタステリドのアボルブは前立腺肥大の改善薬

デュタステリドのアボルブは前立腺肥大の改善薬

 

 

日本国内で処方されているアボルブですが、前立腺肥大の改善薬です。

 

 

前立腺でテステステロンから5α還元酵素によって産生される
ジヒドロテストステロンが関係して前立腺肥大症が起こる。

 

 

抗アンドロゲン薬であるクロルマジノン(プロスタール)、
アリルエストレノールはテステステロン濃度を減少させる。

 

 

5α還元酵素阻害薬であるデュタステリドのアボルブは
前立腺内のジヒドロテストステロンの産生を抑制し、
その上前立腺を縮小させることができるので、
尿の排泄障害改善できる。

 

 

また、デュタステリドは血清PSAをおよそ50%減少させる。
デュタステリドを継続して服用している際、
PSAの数値が上昇を続ける場合、
前立腺がんの可能性があり、精密検査が必要である。

 

 

 

>>アボルブより安いジェネリック薬デュタボルブの詳細はこちら